2009年08月31日

第参回天下一カウボーイ大会の関係者の皆様お疲れ様でした

二日目感想

しっかりしているものは分かりにくくてもしっかりしているが分かりました。
この説明が分けが分からないかもしれませんが、
私の場合は、本 < 映像 < 話を聞く で理解力が増すわけで Lips の良さも悪さも分かりました。

事前に調べていた情報だと、文化をコンピューティングすると言う説明だと全然分からなかったけど、
日本人何だなって思ったし、その作品(日本の文化)もコンセプトもぶれが無いから、しっかりこっちに伝わってくるし
ゲーム制作者(コンテンツ制作者)はあれがコンセプトのあり方だと理解して欲しいと感じました。
しっかり OS の様にコンセプトを根っこに置いて心底に引いていたら、人にはしっかり伝わるそれにぶれが入ってはいけない。
皆さんと捕らえ方がちょっと違いますかね。それは御免なさい。
外国の文化に応用したりも出来てそのモジュールを変更すれば売れたり伝えたりする物が作る事が出来てしまうのだろうなと感銘を受けました。
海外の top の機関でやっておられた方でも日本で日本語(カタカナ語、外来語を含みます)で行う事を英単語では書か無いと言う事をしていた。細かい事だけど スライドの文字の出方は左から右だった。(違和感で気が付けられました。)
それは日本人日本の文化を根底から研究している事がしっかり染み渡っているからだと感じられた素晴らしいものだったです。
本当は縦書きでプレゼンテーションの表現をしたりする事も考えていたのかも知れないが、
それは推測なのでここまででおいておきます。
後下品な部分に文化がありますって言葉も印象的 なので 風俗 って言うのかななんて思った。これは違うのかな? Wikipedia でも民族とかの事が 風俗 に書いてあった気がします。

久しぶりに、興奮して 脳が"学習"を行った様です。
金子さんの話も、言及?ちょっと気になったのは、2つのモデルが出てたけど、あれは入れ替わったりするのかそれぞれはとどまったままなのかが良く分からなかった。
一応理解は出来ているけど、それを今は転用は出来ない駄目 programmer[プログラマ] です。
学習の部分は、少年ジャンプのナルトの影分身の様に分列数を増やせば覚えてくれるのが短期間ですむが、チャクラ(リソース)が無くなるから、短期間で学べるアルゴリズムを考えろよって置き換えて理解しました間違えていたら、誰か突っ込み下さい。
それで当たり前だけど、学べるはずの学習内容が永遠に学べないなんておかしいのでアルゴリズムを書き直せと言う意味だと思ってます。それで書き直したら、しっくり来ましたと、
それでその細胞のモデルがそもそもそう言う動きなのでそれを使いましょうと、
グラフからそう思いました。

学習回数を増やしているのに、覚えるのに時間が掛かるアルゴリズムもおかしいので、それも書き直した。
こっちだと風遁・螺旋手裏剣を絶対覚えられ無いのかな?

風遁・螺旋手裏剣を新しいアルゴリズム(ED)だと学んでくれるうずまきナルトになってくれると思いましたと。

恐ろしく長文なってしまいました。
久しぶりに熱を持って熱く書いてしまった。
これは、学生時代に 桜井 政博 さんの講義を受けた以来かも知れない。
今日はカタカナ語で書いてみました。
やっぱり日本人だなと感じられました。
気持ちが楽でした。

mimic28号でした。


posted by mimic28号 at 00:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。