2007年11月06日

喋ると体力を使う

"喋ると体力を使う"これが、本音であってなおかつ昨日の記事に書いた理性。
その場を何とかしたいから所かまわずする喋る本能。

運動選手が喋りすぎて、全然記録を作れなかったと言うのはmimic28号の中ではとても有名な話。
なので、喋るのは体力がもの凄く消耗する。

たんま〜に、意味も無く本当に喋り続けている時がある。
あれは、何だ。
それほどまで伝えたい事があるわけでもなく。
それも、本当にごく最近は少なくなっている。
体力と密接に関係しているのだろう。
5月の連休は、"良く喋るなcounter" が結構 count up してたので、
休みが無いと、本当に良く喋る状態には、ならないのかな〜。

本能でも、これ以上体力の使いすぎで、体が駄目になると支持系統が留まらせているのが分かる。

読み返してないけど、良く分からん事書いているな〜。絶対。

つまり、たまには、体力がなくてもとことん無駄話をしたいと言う事です。
どうやってやろう。
それか、どうやれば、体力が回復するの。
薬?(これは無しにしよう〜。副作用があると再起不能になるから。)

すっぽんとかかな。
すっぽんええかもしれん。
誰か食べに行きませんか。
鍋が良く合う冬ぐらいに。(食べた事無いわ〜〜すっぽん。何処で食べられるかも知らん。)

最後に喋りつかれて、体調崩しましたって、ありえるのか?
凄く最も格好が悪い。
そう思いません?

mimic28号でした。


posted by mimic28号 at 02:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。