2008年02月17日

再配達の音声認識は凄い

昨日、宅配物が来ていて、受け取れなかったので、
いつもは、web から再配達(日通)の申し込みをしていたのですが、ちょっと気分も思考も変えて、電話で再配達の依頼をしてみた。

1回目音声認識(技術は勝手にあまり優秀じゃないと思い)は多分読み取ってくれないじゃないかな〜って、電話の数字を push してみたら、良く分からない結果に、理由は、周りの音を拾って認識していたみたいだと2,3目を終わった時に気が付く。

2回目再度 push で試す。失敗。3度目もういっその事音声でやるかと、周りの音を消してやったらこっちの方が全然問題がなった。

再配達のものが2つあって2つとも来るかなと、淡い期待をして品物が届くのを待って、宅配されてきたら1つだけだった。

再度、再配達をする事に、今度は音を消して 電話の番号 push に挑戦!!
途中で、機会の声に敗北の連絡を受ける。もう一度が決定。

さっさと終わらせたいのにと思って、今度は、音声で早口で挑戦!!
これは、失敗するだろうな〜と思って行っていたのに、問題無く事が運び再配達依頼が完了。

普通 analog[アナログ](音声を認識するあやふやな仕組み)より、電話の番号を push する方が(digital[デジタル] で on / off がはっきりしているから)楽だと思ったら、音声認識の方が楽にしている企業努力に圧巻。

この音声認識は凄いと"再"認識!!
知らない所では、こんなに技術が進んでいるのかと思いました。
この認識力のものも open source software[OSS] とかであったりするのかな〜。

mimic28号でした。


posted by mimic28号 at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Passion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。